症状別 -歯が無いところを補いたい-

  • トップ
  • スタッフ紹介
  • 3つのこだわり
  • 当クリニックについて
  • 治療内容
  • アクセス
  • お問合せ

お悩み解決NAVIGATION

歯が無いところを補いたい

残っている歯の状態や欠損部の状態など、ケースによって治療法は変わってきます。

症状をお聞かせ下さい。

歯が無いところを補いたい

種類 利点 欠点 治療回数
ブリッジ 両隣の歯を土台にして、歯が欠損したところにダミーの歯を作ります。 取り外しがない為、
ご自身の歯の感覚で物が咬めます。
両隣の歯を削ります。 2~3回
入れ歯 プラスチックの歯茎と歯で補います。吸着、または両隣の歯にバネをかけて安定させます。 歯の削る量が少なくて済みます。 厚みがある為、異物感があります。 3回~
(調整を含めて)
金属床 見えない内側のプラスチックの部分を金属置き換えます。 異物感が減少できます。
(金属なので薄くできる。)
スマートデンチャー 弾力のあるプラスチックで
両隣の歯茎の間を覆って入れ歯に安定させます。
軽くて装着感が良い
金具の見えない自然な形
インプラント 骨の中に人工の土台を埋め込みます。
骨と固定された後、歯の部を作っていきます。
ご自身の歯の感覚で物が咬めます。
両隣の歯を削りません。
ある程度の治療期間がかかります。 ケースによって異なります。
歯牙移植 親知らずなどの咬み合わせに支障のない歯を抜いて、欠損した部位に移植します。 歯の削減量の減少できます。 ある程度の治療期間がかかります。 ケースによって異なります。

トップへ戻る