治療内容 ブリッジ・入れ歯・インプラント

  • トップ
  • スタッフ紹介
  • 3つのこだわり
  • 当クリニックについて
  • 治療内容
  • アクセス
  • お問合せ

歯を失ってしまうと…

歯を失ってしまうと、物がうまく咬めなくなるばかりか様々な問題が生じてきます。
両隣の歯や咬み合わせの歯が隙間を埋めようとして傾いてきます。
そうなると左右で咬み合わせの高さが変わってきて顎関節症や肩こりを引き起こします。
また段差の所に物が詰まり、虫歯にもなりやすくなります。
そうならない為にも、早期に歯が欠損部位を人工物で補っていくことをお勧め致します。

ブリッジ

ブリッジ
ブリッジとは、歯がない部位の両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復する被せ物のことです。
(ただし、歯の欠損部位が多い症例にはブリッジは適応できない場合があります。)

利点

  • 抜いた部分に歯と同じような形を作る為、抜く前と同じような噛み合せや形を取り戻すことが出来ます。
  • 取り外しがない為、違和感が少なくご自身の歯の感覚で物が咬めます。

欠点

  • 両隣の歯に被せ物をする為、歯を削らなければならなくなります。(すでに被せてある場合は、被せ物を外すだけで作れます。)
  • 土台になる歯に多く負担がかかります。
  • 人工の歯(ダミーの歯)の周りは、食べ物のカスなどがつまりやすいため、しっかりとした清掃が必要となります。

入れ歯

入れ歯
入れ歯とは、人工の歯茎と人工の歯で補い、噛む力を歯茎とバネをかけた歯に伝え、物を噛めるようにします。
欠損した部位が多い場合やブリッジでは適応できないような、大きな歯の欠損に威力を発揮します。

ブリッジと違い、取り外してお手入れして頂く必要があります。

利点

  • ブリッジのように健康な歯を多く削る必要がありません。(ただし、バネがかかる部分は少し削る必要があります)。

欠点

  • 入れ歯を維持・安定させるために歯にバネをかけます。部位によっては唇側にもバネがかかる為、見た目 が悪くなってしまう場合があります。
  • バネのかかる歯に負担がかかります。
  • 噛む力は天然の歯に比べ、約20~30%くらいになります。
  • 歯茎を覆う為、口の中に違和感を感じやすく、発音がしにくい。

スマートデンチャー(金属バネのない入れ歯)

お口を大きく開けて笑っても、大丈夫。

スマートデンチャーは、審美性を重視した金具の見えない画期的な入れ歯です。
とても軽くてシンプル、そして装着時に今までにない様な抜群のフィット感を得ることができます。

  • スマートデンチャー(金属バネのない入れ歯)
  • スマートデンチャー(金属バネのない入れ歯)
  • スマートデンチャー(金属バネのない入れ歯)
  • スマートデンチャー(金属バネのない入れ歯)

スマートデンチャーの特徴

  • 歯に金属バネをかけないため、入れ歯が目立ちません。口元を気にせず大きく笑って頂けます。
  • 軽くてフィット感に優れているので、装着時の着け心地が良いです。
  • 入れ歯を薄くできるので、お口の中の違和感が少なくなります。
  • 金属を使わないため、金属アレルギーの方でも安心して装着頂けます。

※スマートデンチャーは自由診療となります。
当院では自由診療の際、手数料なしで分割払いができる歯科治療専用クレジットカードを取り扱っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

今まで入れ歯でお困りだった方は、是非一度ご相談下さい。
きっと御満足頂けると思います。

インプラント

インプラントで、健康で快適な生活を取り戻しませんか?インプラントなら天然歯と変わらないような噛み心地が得られます。

インプラントとは?

インプラントとは、人工の根っこのことです。
失った歯の代わりに、生体と親和性が高い素材(チタン)でできた人工の根っこを顎の骨に固定します。
インプラントと骨がしっかり固定される期間を置いた後に、被せ物(歯の頭の部分)を作っていきます。

インプラント

インプラントの特徴

利点

  • 天然歯と変わらないような噛み心地を取り戻すことができます。
  • 顎の骨と直接固定されているので、他の健康な歯に負担をかけることがありません。
  • ブリッジみたいに、隣の歯を削る必要ありません。
  • 入れ歯みたいなプラスチック製の歯茎や留め金がいらないので口の中がすっきりし、快適に食べることができます。

欠点

  • インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要となります。
  • ある程度の治療期間がかかります。
  • インプラントは保険適用外なので、自由診療となります。

※インプラントは自由診療となります。
当院では自由診療の際、手数料なしで分割払いができる歯科治療専用クレジットカードを取り扱っております。詳しくはこちらをご覧下さい。

インプラント治療の前に

患者様のご希望をお聞きした上で治療計画を立てていきます。
また、インプラント治療は外科手術を行う為、リスク回避のための様々な検査を受ける必要があります。

  • 全身疾患の有無(心臓病・糖尿病など)
  • 歯周病の有無とその状態
  • 顎骨の状態
  • 噛み合わせの状態

治療の流れ

STEP.1 カウンセリング

しっかりと患者様とお話できる機会を設けます。
患者様の現在のお口の状態やお悩み、ご希望などをお聞かせ下さい。
それを基にして、お口の検査を行い、患者様に最適な治療計画を立てていきます。
インプラント治療にかかる期間や費用などについてご説明していきます。

STEP.2 お口の中の検査、全身の検査、歯石取りやクリーニング

歯茎の検査、歯石取りやクリーニングを先に行います。(感染予防の為)
噛み合わせや全身疾患の有無を確認します。
また、CT画像をお撮りし、立体的な骨の構造を把握します。
その画像を基にインプラントができる箇所を確認し、治療計画を再度ご説明します。

STEP.3 手術

お口の環境が整えば、いよいよ手術となります。
完全個室で、術者も普段の白衣とは違い、外科用手術着で行います。
通常手術は1~2時間程度で終わります。
手術によって歯茎や頬が腫れることがありますが、約1週間で元に戻ります。
痛みは個人差がありますが、通常手術の翌日以降はほとんど痛みは生じません。

STEP.4 被せ物(歯の頭の部分)の製作

インプラント(人工の根っこ)が骨としっかり固定される期間を置いた後、今度は土台・被せ物(歯の頭の部分)を製作していきます。
人工の歯が入れば、天然の歯と同じように噛んで頂くことが出来ます。

被せ物(歯の頭の部分)の製作

STEP.5 メインテナンス

インプラントとより長くお使い頂くためには、メインテンナスが欠かせません。
3~6ケ月を目安に、お口のメインテナンスをさせて頂いております。
お口の清掃状態や噛み合わせチェック、インプラント体と骨の状態を見るために
レントゲン撮影を行い、より長くインプラントを使用して頂くお手伝いをさせて頂きます。

トップへ戻る